日本語


4匹の怪しいもの

4匹の怪しいもの

 

2週前に、いつものTRPGメンバーと一緒、ついに初めてのソードワールドをやってみました!いつものグループは普通に英語でTRPGを行うが、今回、マレーシアの女の子のメンバーのCちゃん(22歳)が、初めてのマスターをしてみたくて、日本人の友達の3人を誘って、英語と日本語と両方でゲームを行おうとした。今回のゲームは、外国人5人、日本人3人が参加した。外国人の中では、2人が完璧な日本語が話せて、私とそのあと2人の日本語初心者がいた。日本人は皆英語があまり話さなかった。Cちゃんは、なんでも話したり読んだりできますから、大丈夫だった。日本人の3人は、初めてTRPGをして、初めて私たちの怪しい外人プレイヤーと会った。怖いじゃない?

ゲームの準備をしたときに、いつものグループのプレイヤーが、「タビット同士グループ」をやろうと決めた。ソードワールドを考えるなら、「タビット!」だと思いつけるから。日本人の新しいメンバーは2人人間、1人ルーンフォークとして参加した。ゲーム日の前に、いつものメンバーは少しだけFacebook でセッションを行ったから、準備がすでにできた。

キャラクター

私のキャラクターはタビットの魔術師・フェンサーだった。名前は、Booze (ブーズ)だった。魔術師は2レベル、フェンサーは1レベルだった。他のキャラクターは:

  • キナコ、人間(キャリアーは内緒)
  • そば、ルーンフォーク(スカウトか忍びタイプ)
  • らーめん、人間(なにかのプリースト)
  • ナットー、タビット魔動機師
  • うどん、タビット魔動機師
  • たこ、タビット(グラプラーみたいなタイプ)

このゲームのプレイヤーの文化は、お互いにキャラクターシートを見せないから、詳しくない。

私のキャラクターの経歴は:

  • 本来と異なる性別として育てられた
  • 大失恋したことがある
  • 歳の離れた友人がいた

(全部はサイコロで決められた)。経歴表を基づいて、このタビットは男性として育てられた年下男性と恋愛が大好きな女性だと決めた。歳の離れた「友人」は大失恋の過去の恋人だと決めた。分かれた理由は。。。年差のため、恋愛が違法だった。。。

さすがに、このタビット同士グループは怪しい。。。

冒険背景

私たち怪しいタビット4匹がある町(「ドーミ」という村だと思う)に使命をもらった。簡単に、カボチャ祭りに使われるカボチャを村まで持って行く使命だった。それは、無事にできたが、町に入ったとたんに日本人のメンバーの3人のキャラクターと会った。 その3人と一緒に、村長と使命の第2次ステージについて話した。最近、この村のオジーちゃんの3人が行方不明になった。この3人は昔に冒険者で、村を悪魔に予防してくれたから、村長の心配はその悪魔との関係の悪い者が来たようだ。特に、昔の冒険者のグループの中にいたナイトメアの冒険者が裏切りして、悪魔の見方になったから、そのナイトメアとの関係だと考えていた。私たちー4匹の怪しいタビットと3人の人間の冒険者ーがその悪魔がいた遺跡に行って、調べて欲しい。

行ってきます!

魔法的な牛達とウサギ

遺跡は森の中にあるから、森に入った。タビット達がすぐ、第六感で危ないものの近さを感じた。後ろ足を踏み鳴らしながら、グループに報告した。ルーンフォークが前へこっそり歩いて行って、危険なところを覘いた。

森の中の空き地には、牛達がいた。1匹は、普通の牛ではなく、普通より大きくてエラそうな首輪がついている魔法的な牛だった。危なそう!通るために、この魔法牛を扱わないといけなかった。

奇襲を計画した。グループのメンバーが道で待って、ルーンフォークが森の中の空き地で顔を出した。牛が見て、ルーンフォークを戦おうとしたときに、ルーンフォークが逃げた。グループに戻して、魔法牛が見えるようになるから、皆が牛を戦った。

ちょっと失敗したけど。。。普通の牛の5匹が追いかけて、その牛も戦闘できる普通のない牛だった!グループの7人は牛6匹に対して攻撃しなきゃ!

この戦闘がうまくいけなかった。牛達が丈夫な敵から、すぐキャラクターのHPが失われた。私のタビットは真吾魔法使いから、「スリープ」という呪文があって、それを魔法牛にかけた。運が良くて、魔法牛が抵抗判定を失敗して、寝るようになった。そして、他のキャルクターが牛3匹を殺せて、残りの3匹が逃げた。ぎりぎりに生存した!それで進んだ。

悪魔との解決

遺跡に入って、すぐ悪魔呼び出し状態を見つけた。昔のグループのナイトメアとプリースト3人が魔法公式で悪魔を呼び出し中だった。タビット4匹が近づいたら、光っている魔法的な線につながられて、公式に絡まれていた。どうすればいいかを考えるときに、ゴーストみたいな子供が現れた。この子供が、Facebookで行われた冒険準備セッションに、タビット3匹が出会った子供。昔のグループとの関係があるが、私と人間のメンバーの3人は初めて会った。

この子供が私達に報告した:「ここでは、何もできないから、悪魔が現れる前に逃げて!」って言った。

怪しいタビットの4匹は、お互いを見て、少しだけ考えて。。。逃げちゃった。人間のメンバーもすぐ逃げちゃった。逃げながら、遺跡が潰れそうになった。もっと一生懸命逃げちゃうと、ギリギリに遺跡から出られたとたんに、遺跡が潰れた。悪魔もプリーストもナイトメアもゴースト子供、皆遺跡に生き埋めになった。

ホッとして、帰った。

2つの言語で初心者とのゲームに関する

このセッションは、長くなくても、色々な初めてのことだった。Cちゃんの初めてのマスターの経験で、Cちゃんの友達3人の初めてのゲームだった。そして、私にとって、初めての2つの言語のゲームだった。この間、別府に住んだときに、何回も日本語でゲームをやったことがあるが、英語と日本語のチャンプルゲームはやったことがない。それは、特にいい点はないと思う。言語での交換は、ゲームに影響はなかった。時々、日本語があまり話せないメンバーと英語が話せないメンバーとの通訳したが、普通の会話と同じように流れたから、とくにクセはなかった。そして、日本人の3人の初心者は、普通の初心者みたいでした。。。多分、外国人の初心者よりshyだったからもう少し遅めにゲームの流れになれたが、いつもの通りにすぐなれて楽しく参加してくれた。

ソードワールドの経験

これは私の初めてのソードワールドの冒険だった。簡単で習いやすいシステムだから、早く流れるゲームのようだ。少しD&Dの味だけど、D&Dより危なくてシンプルな感じだ。冒険者レベル2のタビットキャラクターは少し異ならないけど、それは種族の選択のせいだと思う(タビットに合うキャリアーが少ないから)。基本的に面白かった。日本の一番有名なゲームは、楽しくて面白かった。またやりたいが、次回は二つの言語でやらなくてもいいと思います。ソードワールドの市民さん達は、気をつけて!4匹の怪しいタビットがきま〜す!

本当に温泉なの?

ドイツで10日間の旅行をしました。観光中の休憩は、Baden-Badenという町にあるドイツの伝統的なスパでドイツ温泉文化を楽しめました。きれいな舞台にある温泉に入る癒せそうなFriedrichsbad Spa も露天風呂が多いCaracalla Thermeにも入ってみましたが、日本の温泉文化と違いますから、レビューしようと思いました。

Friedrichsbad Spa

いい天気の日に、午後3時くらいにこのスパに入りました。この温泉の料金が少し高いですが、建物がすごくきれいで、17種類のスパ部屋があるから、すてきだと思いました。毎週の火・木・金・日曜日は、女性と男性が一緒に入る日から、木曜日にパートナーと一緒に入りました。このスパは服なしの温泉ですが、木曜日の午後でしたからお客様がすくなかったです。

このスパは、決定した部屋の流れがありますから、自由に通るわけではありません。決定した順番の部屋は:

  • シャワー部屋
  • 54度のdry roomです。普段15分間にのんびりする
  • もっとあついdry room に通るはずですが、私がその部屋を入ってみたとtoo much でしたから見送りました
  • マッサージの部屋ですが、マッサージはちょっと怖いからそれもパスしてしまいました。マッサージは石けんで洗ってくれるタイプですから少しソープランドみたいなと思いました。。。
  • サウナでした。普通にサウナに入らない私が、5分か10分くらいにこの部屋で汗をかいた
  • 6つのぬるいプールに入りました!全部は、最高水温が34度でした!1つは、泳げるくらい広いですから、heated poolみたいです。
  • クリーム部屋:自分で、何かの本格クリームをぬる。
  • リラクゼーション部屋:30分くらいに、あったかい布団に巻かれて、のんびりする。

じつは、Friedrichsbad Spa には、最高水温のプールは34度ですから、少しがっかりでした。舞台がきれいな18世紀のビルなのに、そんなに癒せるわけではない。もし、プールが40度以上なら、完璧な経験いなるかもしれませんが、34度のプールはheated swimming poolより楽しいところではない。

それにも、もう一つの問題は、スタッフがたくさんいるが、ドイツのサービスは少し冷たいですから、癒す雰囲気を少し邪魔する。たとえば、リラクゼーション部屋に入るスタッフは、厳しい看護師のマナーをしているからちょっと空気読めない感じでした。ちょっと変な気持ちですよね。。。プールが34度より涼しいから、2時間いましたのにからだはそんなにだるくなかったです。

Caracalla Therme

このスパはFriedrichsbadより自由な感じで、露天風呂が多い温泉パークです。いい点は露天風呂;悪点は、服なしで入れないこと。水着で入れるからお客様が多くて込んでいた。にぎやかな雰囲気がいいですが、温泉文化がわからない人が多かったからときどき大変でした。

このスパには、4つの広いプールがあって、プールには水流れや泡のところがあったから、巨大スパみたいでした。露天風呂に、石の座席があって、座席のベースから強い泡が出ていたし。。。楽しかったです。

このプールの全部は34度か32度から、基本的にheated swimming pool でした。近くにはせまい38度の温泉みたいなプールでしたが、ほかには少しぬるい。改めて、がっかりでした。舞台がレソート風のきれいな建物ですが、風呂が残念でした。

まとめ

観光の経験として楽しいですが、日本温泉文化を比べると、そんなによくない。もしBaden-Wurttemberg周辺にいるときに行ったら、楽しくていい経験ですが、わざと「ドイツ温泉文化を試すために行こう!」と決めたら、がっかりかもしれません。Baden-badenはきれいな町ですから、ほかのハイキングや自然行動ができるから、温泉文化を試す理由だけで行ったら、すごくいい時間が過ごせると思いますが、温泉経験自体は足りないと思います。

Today I had the rare pleasure of being invited, with the Delightful Miss E and some Australian friends, to my landlord’s house for a lunch of osechi ryori, the special new year’s food that Japanese love to eat at this time. The photo shows the main foods, all of which were hand cooked by our landlord and his family. Starting at the snow pea and going clockwise, we have:

  • A steamed snow pea
  • Beneath the snow pea, barely visible, Burdock root cooked in Mirin and soy sauce (as well as some lightly pickled carrots, invisible in this shot)
  • Two pressed fish cakes
  • A little flower of pickled carrot (the deep red flower-shaped thing)
  • A boiled sato imo (a type of potato)
  • Poking out from beneath this potato, just barely visible as a little tongue of yellow, cold herring eggs
  • A boiled kyo imo (a type of potato)
  • Konyaku (yam’s paste, sometimes called “Devil’s Tongue)
  • In the centre, the yellow curl is sweetened rolled grilled egg

It’s extremely rare to get an invitation to a Japanese family’s home on New Year’s Day – the equivalent of getting an invite to a Christmas dinner in the west – so we were feeling very privileged, especially to receive delicious home cooked food (actually the herring eggs were pretty awful). What’s more, one of our friends was vegan, but Mrs T had cooked a special version of the grilled egg, which used pumpkin and arrowroot flower instead of egg (and I would guess was probably much more delicious!) So, in return, I made my famous vegan lasagne, also known as “the carnivore conversion kit” or, amongst representatives of the meat industry, “public enemy number 1.” I shall put up the recipe in the next few days.

If you value your carnivorosity, stay well away from this!

今日、家主さんのお家にお節料理を食べるために誘っていただきました。オーストラリア人の友達の3人が今東京で観光しているから、連れて行かせていただきました。お正月に日本人のご家族に食事の招待をもらうのが珍しいですから、とても嬉しかったです。英語圏のクリスマスみたいです。上の写真は、そのご家族が自分で作ってくれた御節です。美味しかったです!(実は、あのカズノコが美味しくなかった)。家主さん達は、欧米人が御節が好きじゃないとわかるから、私達が何も食べられないと心配していたが、いろいろが美味しかったから安心でした。

その優しさの上に、友達の一人はビーガンですから、普通の御節料理が食べなくて、家主さんが特別なビーガン料理も作ってくれました。ビーガン御節!すごく優しい家主さんです。だから、私は自慢のラザニャを作りました。下の写真は、手作りビーガンラザニャです。味なワンポイントは、味噌が入っています。もうすぐ、レシピをアップします。
友達一人

PC達がヘイデルドーフの冒険を終了して、逃げている貴族からいろな慰労金をもらった。この慰労金は宝石や高級アイテムで編成されたが、合計は160銀コインであった。PC達は、損傷がひどいから、ウバーズレイクに帰ったとたんにこのお金を消費して、治療を買った。治療後の残りは10銀だから、冒険の終わりはウーバーズレイクから出かけたままの状況に戻った。

いすれかの準備ができたあとで、この間送らせたネズミ捕りのスパイからメッセージが届けた。北の公園で会って、ネズミ捕り組合についての情報を伝えてもらった:

  • 組合は、1ヶ月以内に、大きい事件を期待している
  • PC達が組合メンバーの人数を減らしたから、組合はPC達について心配していて、PC達を扱うために8人の傭兵を契約した
  • 明日、組合の大尉はPC達と連絡して、貴族としてものまねしながら狂言冒険の契約を提案する。PC達は、この狂言冒険を従ったら、傭兵に伏せられて、殺される
  • PC達が見つけたアジトの下にある下水の地図がある
  • 組合の人数は20人+上士メンバー

これから、PC達は何をするかわかった。この大尉を捕まえて、尋問する。そして、アジトに行って、組合の秘密な計画がばれるまで組合のメンバーの全員を殺す。

ネズミ捕り大尉の終わり

ネズミ捕り大尉の出会いは「悲しい盾」というパブで行われる。このパブはネズミ捕りのパブだから、何か事件があったらだれも気がつかない。大尉と警備兵と個室で会ったから、部屋に入ったとたんに攻撃した。アルソンは矢の連射攻撃して、ヘインズが魔法ダートを繰り出して、シュゼットが弱き呪いを呼び出した。皆さんが戦闘に絡まれれば、部屋の後ろのドアからネズミ捕りもう4人が入り込んでPC達を攻撃した。大尉がテブルの上に飛んで、だれでもに細い刀で刺したが、4ラウンドくらいあとで、ネズミ捕りの全員がヘインズの雷光呪文で退治された。戦闘の部屋が雷光に満ちた。

PC達が早く死体を調べて、無意識の大尉を発根で逃げたが、尋問何をしても、かれは組合の秘密を出さなかった。大尉を不明な状態で見捨てて、アジトに急いで行った。

アジトと下水

アジトで使われている倉庫に着いたと、誰もいないと発見した。組合の人数がそんなに少なくなったから、アジト倉庫に張り込める人数がないようであった。PC達が秘密なドアを開けて、下水に下がった。基本地図を従って、アルソンは入り口の近くの警備室まで隠密で行って、射撃要撃で2人のネズミ捕りを殺した。広い導管で下水の汚い水に歩いて行くかわりに、狭い廊下でネズミ捕り巣に行った。この廊下の途中で、アルソンは上手に隠された糸罠を見つけた。この罠にかかったら、石が落ちて大きな音でアラームを呼ぶようであったが、アルソンが見つけたからPC達が隠密でネズミ捕り巣に行けた。廊下の出口についたと、古い下水の建物の遺跡を見た。この遺跡の中には、ネズミ捕り部下の8人、警備兵1人、大尉1人がいた。このメンバーはPC達が見られなかったから、PC達が伏せてネズミ捕りを攻撃した。ネズミ捕りは驚いたが、すぐ戦闘に入った。

この戦闘の中で、ヘインズがよくヘイデルドーフで見つけたペドロの侵蝕三角柱を使ったから、すぐ混沌変異を得た。からのヒフが悪そうな白い光で輝く変異を得たから、皆さんは、ヘインズを見るとヘインズは混沌侵蝕を我慢しているのがわかりやすい。ヘインズの耐久力値が3だから、もう2つの混沌変異だけ我慢ができる。4つ目我慢するときに、PCが終わって、自分のに混沌変異として壊滅されるはずである。あの三角柱が呪いだと分かって、使用をやめたが、戦闘がすぐ終わったから問題がなかった。PC達が、軽いケガだけを我慢してネズミ捕りに勝った。ネズミ捕りメンバーの人数はこれから10人以下だから、PC達はすぐこの変な組合のボスを殺して、秘密を見つけると思っていた。。。

この間翻訳したカードの上に、今日はカードもう6枚翻訳した。このカードはPCもパーティーシートも合う。カードのイメージは以下です。


この間、ウォーハンマーをプレイした時に、才能説明のあるレジュメーを渡した。このレジュメーはいろいろな才能カードの要約であった。ゲーム準備を援助するために、あのレジュメーの内容をここで投稿します。カードのイメージは以下です。
パーティーシートには、評判の才能1枚も注目才も付けられるから、自分のPCのシートに付けるところがないのに、買うかちもある。

最近、「隊列を乱す者」というキャンペーンの本編を外して、サブシナリオをやっていましたが、3月までWarhammerキャンペーンを終えないといけないからこれから本編に戻ります。時間が過ごしましたから、この投稿であのシナリオの事件の要約をします。

ネズミ捕りの遺体

PC達はウーバーズレイクに行った途中で、ゴブリンに捨てられた人間の遺体を見つけた。この遺体怖いネズミの刺青がついていて、いろな証拠で「ネズミ捕り」だと仮定した。遺体を埋めて、死者のロケットをウーバーズレイクまで持っていた。

混沌絵を渡す

PC達がウーバーズレイクに着いたとたんに、シグマー祭殿に行って、混沌絵をシグマー司祭に渡してあげました。その司祭は「1ヶ月後で、アルトドーフに行くからその時に壊滅方法を調べて、帰れば壊滅する」と伝えてくれた。司祭がアルトドーフから帰るまで、祭殿は混沌絵を扱う。

ウーバーズレイクの操作

PC達は、遺体のロケットを調べて、女の人の絵を見つけた。彼女を探して、遺体の後家だと分かりました。彼女と話したときに、何か怪しい状況でした。ネズミ捕りの奥さんだったのに、たくさんお金を持ったり、広い家に住んだり、町のいいところにいたりしていたから普通のネズミ捕りじゃないと思っていた。

悪いネズミ捕りの組合発見

怪しいから、彼女の家で張り込んでいた。怪しい男性の3人がすぐ来て、彼女と話していた。アルソンが聞いていて、以下の事を発見した:

  • 怪しいネズミ捕り組合が存在する
  • 遺体の男性はその組合のメンバーだった
  • その組合が秘密な組合だし、彼女が秘密にするためにお金をあげた
  • 組合はたくさんお金を持っている

どんな組合なのか?

組合操作

PC達が組合メンバを尾行して、すぐ戦闘に絡まれた。組合の2人を捕まえた。それにも、組合の巣を発見した。その巣から秘密のドアで地下通りに入れる。

そして、組合メンバーは彼を救出作戦してみたが、失敗して3人が死んだ。それを見たと、捕まったネズミ捕り1人が情報を知らせた:

  • 組合はいる貴族の人の私設組合である
  • その貴族の悪い使命をする責任である:スパイ、暗殺など
  • 捕まったネズミ捕りの責任は基本的に、下水の警備
  • 組合の人数は30人くらい足す数人の上級メンバー
  • かれの同僚がシグマー祭殿に入って、何か神格なアイテムを結んだことがある
  • PC達が発見した巣から、他の組合の倉庫や巣に行ける。

やっぱり、組合が怪しい。

ネズミ捕りのスパイ

PC達が今まで、組合のメンバーの20%くらい殺したから捕まったメンバーは怖がって、PC達と協力すると約束した。PC達は彼を信用してみて、スパイとして組合に戻らせた。かれは、何か新しいニュースがあったら、PC達と連絡する。その時まで、PC達はサブシナリオをした。

次のセッションの始めに、このスパイはニュースを持って、PC達と連絡する。

Next Page »