PC達がヘイデルドーフの冒険を終了して、逃げている貴族からいろな慰労金をもらった。この慰労金は宝石や高級アイテムで編成されたが、合計は160銀コインであった。PC達は、損傷がひどいから、ウバーズレイクに帰ったとたんにこのお金を消費して、治療を買った。治療後の残りは10銀だから、冒険の終わりはウーバーズレイクから出かけたままの状況に戻った。

いすれかの準備ができたあとで、この間送らせたネズミ捕りのスパイからメッセージが届けた。北の公園で会って、ネズミ捕り組合についての情報を伝えてもらった:

  • 組合は、1ヶ月以内に、大きい事件を期待している
  • PC達が組合メンバーの人数を減らしたから、組合はPC達について心配していて、PC達を扱うために8人の傭兵を契約した
  • 明日、組合の大尉はPC達と連絡して、貴族としてものまねしながら狂言冒険の契約を提案する。PC達は、この狂言冒険を従ったら、傭兵に伏せられて、殺される
  • PC達が見つけたアジトの下にある下水の地図がある
  • 組合の人数は20人+上士メンバー

これから、PC達は何をするかわかった。この大尉を捕まえて、尋問する。そして、アジトに行って、組合の秘密な計画がばれるまで組合のメンバーの全員を殺す。

ネズミ捕り大尉の終わり

ネズミ捕り大尉の出会いは「悲しい盾」というパブで行われる。このパブはネズミ捕りのパブだから、何か事件があったらだれも気がつかない。大尉と警備兵と個室で会ったから、部屋に入ったとたんに攻撃した。アルソンは矢の連射攻撃して、ヘインズが魔法ダートを繰り出して、シュゼットが弱き呪いを呼び出した。皆さんが戦闘に絡まれれば、部屋の後ろのドアからネズミ捕りもう4人が入り込んでPC達を攻撃した。大尉がテブルの上に飛んで、だれでもに細い刀で刺したが、4ラウンドくらいあとで、ネズミ捕りの全員がヘインズの雷光呪文で退治された。戦闘の部屋が雷光に満ちた。

PC達が早く死体を調べて、無意識の大尉を発根で逃げたが、尋問何をしても、かれは組合の秘密を出さなかった。大尉を不明な状態で見捨てて、アジトに急いで行った。

アジトと下水

アジトで使われている倉庫に着いたと、誰もいないと発見した。組合の人数がそんなに少なくなったから、アジト倉庫に張り込める人数がないようであった。PC達が秘密なドアを開けて、下水に下がった。基本地図を従って、アルソンは入り口の近くの警備室まで隠密で行って、射撃要撃で2人のネズミ捕りを殺した。広い導管で下水の汚い水に歩いて行くかわりに、狭い廊下でネズミ捕り巣に行った。この廊下の途中で、アルソンは上手に隠された糸罠を見つけた。この罠にかかったら、石が落ちて大きな音でアラームを呼ぶようであったが、アルソンが見つけたからPC達が隠密でネズミ捕り巣に行けた。廊下の出口についたと、古い下水の建物の遺跡を見た。この遺跡の中には、ネズミ捕り部下の8人、警備兵1人、大尉1人がいた。このメンバーはPC達が見られなかったから、PC達が伏せてネズミ捕りを攻撃した。ネズミ捕りは驚いたが、すぐ戦闘に入った。

この戦闘の中で、ヘインズがよくヘイデルドーフで見つけたペドロの侵蝕三角柱を使ったから、すぐ混沌変異を得た。からのヒフが悪そうな白い光で輝く変異を得たから、皆さんは、ヘインズを見るとヘインズは混沌侵蝕を我慢しているのがわかりやすい。ヘインズの耐久力値が3だから、もう2つの混沌変異だけ我慢ができる。4つ目我慢するときに、PCが終わって、自分のに混沌変異として壊滅されるはずである。あの三角柱が呪いだと分かって、使用をやめたが、戦闘がすぐ終わったから問題がなかった。PC達が、軽いケガだけを我慢してネズミ捕りに勝った。ネズミ捕りメンバーの人数はこれから10人以下だから、PC達はすぐこの変な組合のボスを殺して、秘密を見つけると思っていた。。。

Advertisements