これは、私が書いたセッションレポートです。ネタバレを含みますから、Warhammer 3 Adventure Book のサンプルシナリオの「目には目を」にプレイをしたかったら、読み続けないでください!
注意:ネタバレ!
BYF達[1]がグルーンヴァールド城を調べた:
  • 医療室で、ドワーフと入信者と話して、何か変な状況があるとおもって、ドワーフの無意識的な言葉でかれのハマーを見つけに行った
  • 医者が怪しそうだったから、医者の部屋を見に行って、睡眠生毒を見つけた。
  • ドワーフの鍛冶場に行って、ハマーがなかったと分かった
  • 入信者の祭殿に行って、隠されたハンマーを見つけた
  • また入信者と話して、怪しい行動が周りに起きているからドワーフが彼女にハマーを隠すのを願ったと習った。
  • 変な犬ブリーダーがクロゼットで殺したビーストマンの惨死隊を置いておいて、惨死隊から肉を取って犬達に食べさせている。。。
  • アッシャッフェンバーグ様の部屋を調べたときに、召使い2人が来て掃除して始めた。一人のポッケットから紙が落として、「鴨が大丈夫だ」が書いてあった。毒の事に関してのノートと思っていたから、BYF達がキッチンに行った
  • キッチンで、チェフと話して、怪しいことが見つけなかったが、信用ができなかったから、アルソンが隠れてみて残って、他の3人が他のところを調べに行った
  • 図書館で不安な本を見つけた
  • 客室で恐ろしい絵を見つけた で、最期に、盗賊は、キッチンを見て、医者がシェッフと話しに来て、シカの肉に毒を入れた。

その感じだ!!!!恐ろしい絵は混沌関係で、図書館で混沌本があって、医者は城の人の半分くらい毒している。。。ここには混沌修道がありそう!

皆が、絵を客室から取って、図書館に行ったが、図書館についたと、係員がいなくなって、床の穴が見えた。。。あの本もなくなった。BYF達がついて行った!それは次回です。。。

このセッションの中を使ったウォーハンマールールについて。

このセッションは基本的に調査だから、progress trackerで操った。10個のコースで、5個でイベント点を置いて、10個でもイベント点を置いた。PC達が成功ができた時に、PC達の札を1個進出した。失敗したときか、敵がPCの怪しさを気がついたときに、敵の札を1個進出した。PC達が先に5点のイベント札についたから、大きいヒントを教えてあげた。もしかして、敵が先に5点のイベント札についた場合、晩ご飯のエンカウンターが始まったはずだ。晩ご飯でschlafという睡眠生毒をさせてみたつもりだ。

PC達があのヒントをもらったから、すぐ調査を早くした。同時に図書館と客室に行って、そしてあの本を取るようにまた図書館に入って、図書館係員の逃げるのが分かって、progress trackerの10個について、調査が終わってしまった。これからは、戦闘!PC達は早くて上手にこの部分を解決したから、運命点1点をあげた。

fn1:BYF達っていうのは、PC達のグループの名前。意味は、「Brash Young Fools」です。

Advertisements