Reader’s note: this is another account of the second session of our Pathfinder adventure by one of the players, Kuma-san. A guest-post, as it were.

特別なノート:以下の投稿はくまさんというプレイヤーに書かれたpathfinderの冒険の2回目のセッションのレポートです。

予定は未定とは、よく言ったものでして。
帰宅した時間が時間(午前三時)だっただけに、昼頃まで眠っていたワタクシ。それからもそもそ起き出して、不要な本を処分するその足で髪の毛を 切りに行こうと思っていたら。
急に鳴り出す、ワタクシの携帯。
何事やあらんと出てみれば、祖母からの急用で再び大分へ送迎することになったわけでして………これは已む無しと、髪の毛の処理は翌日に回して、 祖母の急用と本の売却を行うのみに留まった日中でした。

で。

TRPGの景色

こんな塩梅に日がとっぷりと暮れた頃に、馬宅を訪れるワタクシたち一行。
いつぞや、ゲームのお店リングテイルさんで行ったTRPGの第二回目を行うべく、今度は馬と相方の両儀さんのご好意で、自宅を開放して楽しませ ていただくことになったわけでして。
なので俄然張り切るのは、馬。

さてTRPG「Pathfinder」の様子は、こんな感じかな。

———蒸気の谷での激戦を制して、再び歩みを進めるPCたち。
やがてあれほど分厚かった蒸気はウソのように晴れたものの、目の前に見えてきたのは大きな幅を有する川であり、対岸には幌馬車を中心としたノー ムたちのキャラバンが野営地を張っていた。
渡れる浅瀬は一箇所のみ。
ただし幌馬車には、前回猛威を振るった『蒸気式の石弾散弾銃』を更に大型にした、ほとんど大砲のようなものが控えていることを知る。

キャンプで、ノーム達の結論

この大砲を前に、力押しは自殺行為だと色々な作戦を練るが、結果、浅瀬を夜陰に紛れて通過した後で、大きく二手に分かれて陽動組と突入組に分かれての野 営地襲撃ということに。
そして始まる、大激戦。
人数でいうならPCの倍は居るノームたちだったが、バードとクレリックが壁となって引き付けている間に、問答無用の火力を誇るレンジャーの弓矢 がノームたちをばたばたと射倒し、ソーサラーの呪文《グリース》で無力化されていく。
一方のバーサーカーは、とにかく当たらない攻撃に巨大扇風機と呼ばれながらも、めげずに殴り続けて50点近いダメージを叩き出す。

レンジャーの得意なお菓子はコアラだよ

最終的に、ノーム・リーダーによって戦闘は停止させられる。
そして語り出すノーム・リーダー。なんでも十年前まであの温泉施設のオーナーは彼であり、現オーナーとのギャンブルに敗れて手放す羽目になった のだとか。
それから十年、必死に買い戻すための資金を蓄えたものの、まだ僅かに足りない。
そこで温泉施設の価値を高価にしている、温泉妖精を盗み出すことで資産価値を暴落させて、それから買い戻そうとノーム・リーダーは企んだのだ。

が。

現オーナーは温泉施設をギャンブルの質草として乗っ取った直後に、温泉妖精を高値で売り捌いていたのだった。
その代わりに、温泉妖精が入っていたと思しき「妖精封じの大鍋」を如何にもそれっぽく隠し部屋に配置し、鰯の頭も信心から〜の例えの通りに、効 能素晴しい温泉施設として客を集めていたのだった。

ところが今回の一件で、温泉妖精不在の件が暴露されたことで、これ以上の収益は見込めないと判断した現オーナーは何処かに逐電。
ノーム・リーダーにしても温泉妖精の欠けた温泉施設を取り戻したところで、大きな価値にならないと肩を落として何処かに去っていった。結果、 オーナー不在となった温泉施設の建物や権利証は、PCたちの手に帰することになったのであったとさ。

———とまあ、こんな感じの流れでした。
最後の報酬が温泉付きの、土地建物丸ごとどーん! というのは予想外だったけれど、それに面食らっている私達を見て、きょとんとしている faustusnotesが妙に印象的でしたね。
ともあれ、楽しいひと時でありました。

Advertisements