最近、「隊列を乱す者」というキャンペーンの本編を外して、サブシナリオをやっていましたが、3月までWarhammerキャンペーンを終えないといけないからこれから本編に戻ります。時間が過ごしましたから、この投稿であのシナリオの事件の要約をします。

ネズミ捕りの遺体

PC達はウーバーズレイクに行った途中で、ゴブリンに捨てられた人間の遺体を見つけた。この遺体怖いネズミの刺青がついていて、いろな証拠で「ネズミ捕り」だと仮定した。遺体を埋めて、死者のロケットをウーバーズレイクまで持っていた。

混沌絵を渡す

PC達がウーバーズレイクに着いたとたんに、シグマー祭殿に行って、混沌絵をシグマー司祭に渡してあげました。その司祭は「1ヶ月後で、アルトドーフに行くからその時に壊滅方法を調べて、帰れば壊滅する」と伝えてくれた。司祭がアルトドーフから帰るまで、祭殿は混沌絵を扱う。

ウーバーズレイクの操作

PC達は、遺体のロケットを調べて、女の人の絵を見つけた。彼女を探して、遺体の後家だと分かりました。彼女と話したときに、何か怪しい状況でした。ネズミ捕りの奥さんだったのに、たくさんお金を持ったり、広い家に住んだり、町のいいところにいたりしていたから普通のネズミ捕りじゃないと思っていた。

悪いネズミ捕りの組合発見

怪しいから、彼女の家で張り込んでいた。怪しい男性の3人がすぐ来て、彼女と話していた。アルソンが聞いていて、以下の事を発見した:

  • 怪しいネズミ捕り組合が存在する
  • 遺体の男性はその組合のメンバーだった
  • その組合が秘密な組合だし、彼女が秘密にするためにお金をあげた
  • 組合はたくさんお金を持っている

どんな組合なのか?

組合操作

PC達が組合メンバを尾行して、すぐ戦闘に絡まれた。組合の2人を捕まえた。それにも、組合の巣を発見した。その巣から秘密のドアで地下通りに入れる。

そして、組合メンバーは彼を救出作戦してみたが、失敗して3人が死んだ。それを見たと、捕まったネズミ捕り1人が情報を知らせた:

  • 組合はいる貴族の人の私設組合である
  • その貴族の悪い使命をする責任である:スパイ、暗殺など
  • 捕まったネズミ捕りの責任は基本的に、下水の警備
  • 組合の人数は30人くらい足す数人の上級メンバー
  • かれの同僚がシグマー祭殿に入って、何か神格なアイテムを結んだことがある
  • PC達が発見した巣から、他の組合の倉庫や巣に行ける。

やっぱり、組合が怪しい。

ネズミ捕りのスパイ

PC達が今まで、組合のメンバーの20%くらい殺したから捕まったメンバーは怖がって、PC達と協力すると約束した。PC達は彼を信用してみて、スパイとして組合に戻らせた。かれは、何か新しいニュースがあったら、PC達と連絡する。その時まで、PC達はサブシナリオをした。

次のセッションの始めに、このスパイはニュースを持って、PC達と連絡する。

About these ads